高田則雄

東京生まれ。
1997年 東京工業大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系へ入学し、川戸佳教授研究室にてin vitro(脳切片など)神経生理学の指導を受ける。学位を取得し同研究室でのポスドクを経た後に2005年から理化学研究所脳科学総合研究センター平瀬肇ユニットリーダー(現、チームリーダー)の下、ポスドクとしてin vivo(生きたままの動物)神経生理学を研究する。2012年6月から現職。

Researchmap:http://researchmap.jp/takatanorio


趣味

囲碁観戦。


国内の主な活動の場

神経科学会


受賞歴

2001年 第10回バイオイメージング学会Olympus賞
2002年 成茂神経科学研究助成基金
2010年 RIKEN BSI Retreat Poster Award
2010年 第39回内藤記念特定研究助成金


<英語版>

Norio Takata, Ph.D., Assistant Professor

Education

1997 : B.Sc., Department of Physics, Tokyo Institute of Technology, Japan

1999 : M.S., Department of Life Sciences, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Japan

2002 : Ph.D., Department of Life Sciences, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Japan

Professional Appointments

2002-2005 : Postdoctoral Fellow, Department of Life Sciences, Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Japan (Mentor: Suguru Kawato)

2005-2012 : Postdoctoral Fellow, RIKEN Brain Science Institute, Japan (Mentor: Hajime Hirase)

Awards

2001 Olympus Award at 10th annual meeting of Japan Bioimaging Society

2002 Narishige Neuroscience Research Foundation

2010 RIKEN BSI Retreat Poster Award

2010 The Naito Foundation Subsidy for Promotion of Specific Research Projects

r
inserted by FC2 system